ホライゾンのアビリティ・立ち回りを徹底解説!【Apex Legends】

Apex Legends
スポンサーリンク

シーズン7から登場したレジェンドの「ホライゾン」は、重力を操る天才天文物理学者です。

重力を反転させてプレイヤーを上に運んだり、極小ブラックホールを展開して吸引したりといったアビリティを所持しています。

この記事では、ホライゾンのアビリティや立ち回りを解説していきます。

スポンサーリンク

ホライゾンとは

 

ホライゾンは「重力を操る者」の名の通り、重力を操作する技術を持った天才天文物理学者です。

これまでのレジェンドと違った立ち回りをすることが出来る面白いレジェンドと言えるでしょう。

パッシブアビリティは「スペースウォーク」で、ホライゾン独自の宇宙服で空中制御を向上させて、落下の衝撃を抑制する効果があります。

戦術アビリティは「グラビティリフト」で、重力の流れを逆転させてプレイヤーを上に運び、脱出時にブーストをかける

アルティメットアビリティは「ブラックホール」で、ニュートを展開してプレイヤーを吸引する極小ブラックホールを生成し、最後に重力の爆発で攻撃します

パッシブ【スペースウォーク】

ホライゾンは独自の宇宙服を持っており、それによって空中での姿勢制御能力が向上しています。これにより、着地時の硬直を軽減できる効果があり、空中から地上へ降りたときもスムーズに戦闘に移行できます

まとめると、着地時の硬直を軽減するという、空中から襲い掛かるのに特化したアビリティと言えます。

戦術アビリティのグラビティリフトとの相性が良いパッシブアビリティです。

戦術【グラビティリフト】

リパルションスターという装置を投げて展開し、プレイヤーを上へと運ぶことのできる反重力の力場を生成します。

クールタイムが15秒で、展開時間が10秒とかなり使い勝手の良いアビリティで、咄嗟に戦線から離脱するときにも使うことが出来ます

全てのプレイヤーを上空に運ぶことが出来るので、クールタイムの短いジャンプパッドのように使用することができ、高所を確保するのにも便利です。

また、パッシブアビリティの「スペースウォーク」と相性が良く、上空から新たな射線を通すも良し、上空から降り立って強襲するも良しです。

アルティメット【ブラックホール】

NEWT(ニュート)を投下して展開し、プレイヤーを吸引するミニブラックホールを生成するアビリティです。

クールタイムは120秒で、NEWTのHPは約175ほどです。NEWTを破壊されると、ブラックホールは消えてしまいます

一定範囲内のプレイヤーを吸い寄せる強力なアビリティで、ブラックホール範囲外に向かって走る速度が遅くなってしまいます。「重力の爆発で攻撃する」という公式が言っていますが、ダメージを与える効果はありませんでした。

また、フラググレネードも吸引するので、ブラックホールに投げ込めば、吸い込まれている敵を一網打尽にできます。(アークスターやテルミットグレネードは、投擲地点で起爆するため吸い込まれません。)

注意点としては、敵味方関係なく視界を真っ黒に遮ってしまうので、ブラックホール近くで敵を見失う可能性があります。中心まで吸い込まれた敵はオレンジのシルエットで表示されますが、範囲内で吸引されている途中の敵は見えません。

ホライゾンの立ち回り

ホライゾンは、クールタイムの短い戦術アビリティの「グラビティリフト」を主軸に立ち回るのがおすすめです。

グラビティリフトで高所の確保

ホライゾンのグラビティリフトは垂直方向にかなり高く上ることが出来るので、高所へと部隊全員で移動して確保するという使い方が最も多いでしょう。

オクタンのジャンプパッドや、パスファインダーのジップラインは敵部隊に使用されてしまうという問題があります。ですが、グラビティリフトは10秒ほどで効果時間が終わるため、敵に悪用されづらいので安心です。

クールタイムが短いので、出し惜しみせず使える便利さがあるアビリティと言えます。

逃げるときにグラビティリフト

撃ち合いでピンチになったときに、グラビティリフトを使うことで、逃げる軌道に左右だけでなく上下を混ぜることが出来ます。空中で回復も可能なうえに、クールタイムが短めなため、咄嗟に使いやすいのでおすすめです。

また、建物に逃げ込み、扉越しに回復する場面があると思います。そのときに、建物に入って扉を閉めるまえに、扉前にグラビティリフトを展開することで、敵が建物に入ってこれないように出来ます。

デメリットは、建物の上を取られる可能性があることです。本当にピンチのときだけ使用するようにしましょう。

撃ち合い中にグラビティリフト

撃ち合い中に、グラビティリフトを敵に投げて上に運んでしまいましょう。こちらの狙いもずれますが、敵の狙いもずれるので、リロードの時間を稼ぐことができます。

リロードが終わったら、敵の着地を狙いましょう。ホライゾン以外は、上空からの着地時に硬直時間が発生します。その瞬間を狙い撃ちましょう。

射線を広げるグラビティリフト

グラビティリフトは上に上がった後に移動しなければ、高所に少しの間だけ留まることが出来ます。

高所に留まることで、平面以外に新しい射線を作ることが出来ます。チャージライフルが当てやすいのでおすすめです。

逆に狙い撃たれる可能性があることは頭に入れておきましょう。

ジブやコースティックとウルトを使う

ホライゾンのブラックホールを、ジブラルタルの防衛爆撃やコースティックのNoxガスグレネードと同じタイミングで使用すると有効です。

仲間のアルティメットの効果範囲から敵を逃がさないように足止めすることが出来ます。攻撃系のアルティメットで上手くダメージを与えられえるようになると、戦いを有利に進めることができます。

グレネードなどの投擲物をさらに投げ込んでも良いですね。

まとめ

戦術アビリティの汎用性がかなり高く、新たな立ち回りが出来るレジェンドです。

他のレジェンドのウルトと相性の良いウルトも所持しているので、新たな部隊構成にも組み込まれるかもしれません。

スポンサーリンク
Apex Legends
スポンサーリンク
こもりおをフォローする
こもりおドットコム
タイトルとURLをコピーしました