シーズン7の最新パッチノート情報公開!最新アップデート情報まとめ【Apex Legends】

Apex Legends
スポンサーリンク

Apex Legends シーズン7の、パッチノートが公開されました。

新レジェンド・MAP・乗り物など、新しく追加されるコンテンツがいっぱいで、かなり楽しいシーズンとなりそうです。

この記事では、公開されたパッチノートに記載されたシーズン7でのアップデートの内容について、まとめて解説していきます。

スポンサーリンク

新レジェンド:ホライゾン

ホライゾンに会いましょう!彼女は最新の伝説であり、優秀な科学者であり、重力操作の達人です。彼女は新しい分野と深いつながりがあり、あなたの心を引っ張る動機を持っています。

ホライゾンのカスタム宇宙服は、彼女が大きな高さから落下し、空中での動きを制御することを可能にします。彼女のカスタムテクノロジーを使用すると、重力リフトを使用してチームに垂直方向のブーストを与えることができます。また、NEWT(息子のニュートンにちなんで名付けられた小さなロボット)を展開して、敵を中央に引き寄せるマイクロブラックホールを生成することもできます。(公式より引用)

パッシブ:スペースウォーク

ホライゾンのカスタム宇宙服で空中制御を強化し、落下の影響を減らします

戦術:グラビティリフト

重力の流れを逆にし、プレーヤーを上向きに持ち上げ、退出時に外側にブーストします。

究極:ブラックホール

NEWTを展開して、近くのレジェンドを吸い込むマイクロブラックホールを生成します

新レジェンド「ホライゾン」の情報が公開!【Apex Legends】
...

新MAP:オリンパス

回転する農業タワー、美しい庭園、上品なレストランは、激しい小競り合いの新しい舞台として機能します。

トライデントと呼ばれる新しい車両は、あなたのチームに戦闘を強化し、敵を驚かせる方法を提供します。

オリンパスの中心を通るフェーズエネルギーのトンネルであるフェーズランナーを使用すると、数秒でマップを横断できます。そして、リフトはすべての上に背が高く、神秘的で手招きします。(公式より引用)

こもりお

MAPについては実際プレイしないと、わからないですね~。

新要素:トライデント

オリンパス限定の「トライデント」は、3人乗りに設計されたホバーカーです。

高速道路を巡航してチョークポイントを回避したり、ブーストを使用してジャンプを飛び越えたりすることができます。移動速度を速めることで、ゲームの展開がはやくなることでしょう。

TPS視点で運転するか、完全な射撃能力を備えたFPS視点で乗客として乗ることができます。動画でもあったように、ランパートのシーラを展開してぶっ放すのが楽しそうですね。

トライデントは耐久性があるので爆発して壊されることはありませんが、敵の攻撃によって加えられたダメージは車内のプレイヤーに分散されます。プレイヤーを直接攻撃することで、プレイヤーに完全なダメージを与えることができます。

下船してどこにでも駐車し、ゲーム後半の即席の障害物としても利用できます。

オリンパスプレビュー

シーズン7の最初の1週間は、「オリンパスプレビューというMAP探索モードがプレイリストに追加されます。

このモードでは、いつもどおり30チーム60人で組み、オリンパスのマップをローミングしてマップドロップ、戦利品エリアを学習し、エンドゲームへのルートを練習できます。

サークルのエリア収縮はオンになっており、サークル4が終了すると、プレーヤーはドロップシップに戻されて2回目の降下を開始します。試合が終了するまでに合計3回のランがあります。

ゲームシステムに関するアプデ

アタッチメント交換について

落ちているレリティの高いアタッチメントと、装備している武器のアタッチメントを交換した際に、今までは古いアタッチメントが必ずドロップしました。

アップデートにより、古いアタッチメントがサブの武器のアタッチメントよりレアリティが高い場合、古いアタッチメントが自動的にサブ武器に転送されるようになりました。

こもりお

不便に感じていた部分なので、ありがたい改善です!

レプリケーターのアップデート

シーズン7では、クラフトの一覧から武器が削除され、シールドバッテリーに交換されました。高レベルのアタッチメントは、引き続き武器カテゴリに合わせて調整されるようです。

クラフト後の5秒間は、他のプレイヤーがクラフトアイテムを盗む行為が防がれるようになりました。これは、アイテムにpingを実行することで無効にできます。

こもりお

クラフトアイテムを盗まれなくなったのは嬉しいです。

エアドロップ

ビームの色は、通常のエアドロップ、ライフラインのエアドロップ、レプリケーターのエアドロップを区別するために変更されました。通常のドロップは淡褐色、ライフラインのドロップは青、レプリケーターのドロップとティール(青緑)です。

降下中のすべてのエアドロップの着陸エリアのエフェクトは、それらの色と一致します。

エアドロップビームは、エアドロップに近づくと消えるのではなく、エアドロップに近づくと表示されたままになります。ポッドを開くと、ビームは消えます。

その他

  • アークスターは、手榴弾の代わりに、近くに投げられたときにアークスターモデルを表示するようになりました。
  • フェニックスキットを使用しているときに新しいVOICEラインを追加しました
  • ホロスプレーを落とすと新しいVOICEラインが追加されました
  • インベントリ内の弾薬にpingを送信して、チームにさらにリクエストできるようになりました
  • リングに変更を加えて、サークル内のプレイできないスペースの量を減らしました。

レジェンドの修正

バンガロール

  • ローリングサンダーの爆発にかかる時間を8秒から6秒に短縮しました。

もともと敵の進行の遅延などの時間稼ぎに使われていたのですが、時間稼ぎの効果が薄くなるのでは?しかし、ヒットさせやすくなれば強化とも言えますね。

コースティック

  • Noxガスのかすみ目効果を除去。ダメージが4-10ティックのダメージから6-12ティックのダメージに更新されました。

かすみ目効果が無くなるのは手痛い弱体化です。ダメージは上がりましたが、視界阻害効果があったほうが強いと思います。

ミラージュ

  • デコイの体力が45になりました。

デコイは銃弾1発で消えていたものが、45ダメージまで耐えるようになりました。しかし、HPを45もっていても、弾が貫通するの盾にはなりません。

オクタン

  • 回復率が2倍(0.5 hp / sから1.0hp / s)になりました。

パッシブの高速修復の回復率が上がりました。2秒で1ポイントが1秒で1ポイントになったので、2倍になったといえます。

ワットソン

  • 周辺セキュリティに触れたときのダメージが10から15になりました。

プロの試合などでは選ばれることがありますが、カジュアルでは使いづらいワットソンに強化が入りました。

ローバ

  • ブラックマーケットにおいて、弾薬はブラックマーケットの取得にはカウントされなくなりました。範囲内のすべての弾薬をすくい上げることができます。

範囲内の弾薬がブラックマーケットで取り放題になりました。敵が補給できないように嫌がらせも出来るのでは?本音を言うと、戦術アビリティを強化して欲しいところです。

ランパート

  • シーラがスピンアップして撃つことが出来るようになるまでの時間が2秒から1.25秒に短縮されました。
  • 増幅バリケードを完全に構築するのにかかる時間が4秒から3秒に短縮されました。

増幅バリケードの構築時間の長さが短縮されたのは、嬉しい強化と言えます。敵と撃ち合い中に構築することができるようになるかもしてませんね。

パスファインダー

  • ヒットボックスの増加

  • グラップリングフックが完成したと見なされるために、パスファインダーが地面にある必要はなくなりました。
  • グラップリングフックが終了したと見なすためにパスファインダーを落とす必要がある速度が300ユニット/秒から500ユニット/秒に増加しました
  • グラップリングフックのクールダウンの最大値を35秒から30秒に下げました。新しいクールダウンが設定されるまでの最大移動時間は、5秒になりました。これは、事実上、35秒を超えるクールダウンが発生することはないことを意味します。
  • 最大クールダウンに達する前に移動できる距離は、約2倍になりました。

画像を見ると、胸部のヒットボックスが大きくなっているように感じます。

また、グラップリングフックに複雑な変更が加えられました。文章で読んでも分かりづらいのですが、強化が入ったようです。

武器メタ

こもりお

武器に関しては、淡々とデータを記載していきます。

R99とプラウラーが交代

R99が通常武器になり、プラウラーがサプライドロップ武器になりました。

それに伴い、武器の性能に変更が入っています。

  • R99

ダメージ:12-> 11

弾薬:20/22/24/27

  • プラウラー

マガジンサイズ:35; 予備弾薬:175

セレクトファイア付き

フルキット武器の変更

  • 削除:ディボーション、マスティフ、トリプルテイク、フラットライン、ボルト
  • 新規:ウィングマン、センチネル、ハボック、G7、オルタネーター

ヘムロック

  • 最初のバーストショットの水平反動をわずかに右に増やします
  • パターンの後の段階で反動の大きさを増加させる
  • 単発モードでの反動乗数を減らして、パターンの追加の反動を補正します。反動は、シングルファイアモードではなくバーストモードでほとんど増加する
  • ヘッドショット乗数2.0-> 1.75を減らす(ヘルメットベースキャラクターなしに対して44-> 39ダメージヘッドショット)

ハボック

  • 反動パターンを更新しました。キックアップ、次に右、次に左、そして再びアップ。

Lスター

  • LSTARには、最初は水平方向にキックし、次に比較的一貫した上向きの反動に落ち着く新しい反動パターンがあります。トリガーを指きりするプレイヤーは、LSTARを反動パターンのかなりの部分に保つことができます。
  • トリガーを放した後のLSTARベント時間が0.4秒-> 0.15秒短縮されました。
  • LSTARは、オーバーヒートされていない場合に熱をより速く低減します-オーバヒートされていない場合は99.9%から0%の充電まで1.15秒、過熱されている場合は2.45秒です。

センチネル

  • エネルギーチャージした状態では、シールドに対してのみボーナスダメージではなく、純粋なダメージ増加します。(70-> 88)

トリプルテイク

  • 発射速度を1.3-> 1.2に低下させます。

ホップアップ

  • 新しいホップアップの「クイックドローホルスター」は、RE-45とウィングマンに取り付けられます。装備すると、銃の昇降が速くなり、ADSにかかる時間が短くなり、ヒップファイアの広がりが減少します(特にアクティブに移動していない場合)。
  • セレクトファイアレシーバーを削除

ゲームメタ

進化シールドの進化ポイント増加

  • レベル0-> 1:100ダメージ(50から)
  • レベル1-> 2:150ダメージ(125から)
  • レベル2-> 3:300ダメージ(250から)
  • レベル3-> 4:750ダメージ(500から)

裸から赤シールドまで育てるには、1300ダメージ必要と考えると恐ろしいですね。

こもりお

ラストに赤シールドだらけの状況が無くなりそうです。

リングダメージの減少

  • リング1:ティックあたり2%(同じ)
  • リング2:ティックあたり3%(5%から)
  • リング3:ティックあたり5%(10%から)
  • リング4:ティックあたり10%(20%から)
  • リング5:ティックあたり10%(20%から)
  • リング6:ティックあたり15%(25%から)
  • リング7:ティックあたり15%(25%から)
こもりお

後半のリングダメージが大分減りましたね。

まとめ

新要素追加に伴い、シールドやリングダメージなどのゲームメタにも修正が入りました。

お気に入りの武器が結構弱体化されたのは悲しいですが、新シーズンがとても楽しみです。

スポンサーリンク
Apex Legends
スポンサーリンク
こもりおをフォローする
こもりおドットコム
タイトルとURLをコピーしました